CSRの取り組み

安全への取り組み

社内「安全三原則」の徹底

安全サイン

重点防止目標

  • 追突事故の防止
  • バック事故の防止
  • 交差点事故の防止
  • 飲酒運転の絶滅
  • 誤送・誤配の防止

運輸安全マネジメントの取り組み

貨物自動車運送事業法に基づき、「安全管理規程」を定めるとともに、当社グループで取り組んでいる安全マネジメントの実施概要について、公表を行っております。

事故・災害時の連絡体制

事故・災害時の連絡体制

年2回実施している月間無事故運動

安全研修・教育訓練

無事故表彰制度

無事故表彰制度

永年無事故を継続し、他の社員の模範となるドライバーを讃えるため、昭和42年4月に「永年無事故功労者招待旅行制度」を制定し、表彰を行っております。
これまで本制度によって、延べ1,200人以上のドライバーが、招待旅行を授与されました。

  • 10年間無事故/北海道・九州・シンガポールのいずれか
  • 20年間無事故/ハワイ
  • 30年間無事故/オーストラリア
  • 40年間無事故/ヨーロッパ

デジタコ・ドラレコを利用しての安全運転取得

デジタルタコグラフ装着車両の運転日報データを営業所、ドライバー毎に集約して、社内のチェック基準に基づいて、指導対象者に「運転日報指導表」を発行し改善を図っています。
また、バスには装着済のドライブレコーダーについても、トラックに順次装着して、ヒヤリハット画像を事故防止に活用しています。

安全性優良事業所(Gマーク)認定

全支店でGマーク認定を取得し、安全性の高い企業であることを利用者に伝えています。

飲酒運転絶滅

飲酒運転ゼロのための再確認として、点呼時にアルコール検知器による酒気おびのチェックを義務づけています。

眠気検知システムの導入

ドライバーが運行時に眠気検知器を装着し、眠気を予兆した場合に注意喚起するシステムを導入して、徹底した安全運行の徹底を図っています。