Loading

エスライングループ

中期経営計画

経営使命

経営ビジョン『エスラインブランドを築く』

<経営指針>

  • 01

    お客様に高品質な物流サービスを提供する

  • 02

    事業の継続的成長と業容拡大にチャレンジする

  • 03

    『ときめき・ひらめき・こだわり』を持った事業運営を行う

  • 04

    全員経営・自立経営を担う人材確保と育成を行う

  • 05

    エスラインで働く喜びを家族で感じられる会社にする

  • 06

    国際的感覚を身につける

  • 07

    適正な利益を確保する

経営目標



名 称

"エスラインブランドの価値向上" Think next Value

2019年4月1日から2022年3月31日(3ヵ年)


経営目標
営業収益 560億円
経常利益額(率) 25億7千万円(4.6%)
ROE 6.5%
自己資本比率 50.0%以上

(単位:百万円)

  2019年3月期
実績
2022年3月期
目標
営業収益
  • 物流関連事業
  • 不動産関連事業
  • その他事業
49,136 56,000
48,322 55,140
466 492
348 368
経常利益 1,756 2,570

経営基本施策



基本方針

『輸送ネットワークと拠点物流サービスを
人材・品質・技術で強化充実する』

  • 01

    事業構造の改革 当社グループはブランド価値を更に高めるため、グループネットワークを活かした事業を戦略的連携の展開
    により、グループ全体の収益構造を変革し、営業利益の向上を目指します。
    また、働き方改革を推進し、人材を活用し、社員の意識改革を促進するなど、社内風土の醸成を図るための
    企業環境を整備して、継続成長を目指します。
    そのために、グループ各社の事業特性を活かし、更に発展させるための新たなグループ連携体制の構築や、
    共通機能の編成による更なる組織強化により、社会環境や経済情勢への変化に迅速、且つ、柔軟に対応でき
    る事業構造を構築します。
    (a)輸送サービスの充実
     当社グループの強みである関東・中部・関西及び九州エリアを結ぶ、輸送ネットワークの充実を図り、
     複合輸送サービスの再構築により一層の拡充を図ります。
     輸送手段の変革と先進技術の導入により、人員不足の中での作業の効率化・省力化を進めてまいります。
    (b)物流サービスの拡大
     輸送ネットワークと多様な輸送手段を持つ強みを活かして、成長地域・領域での物流サービスを競争優位
     な事業に成長させます。
    (c)ホームサービスの成長
     一層の作業品質の向上と輸送ネットワークとの連携を図り、「大型商品の宅配(BtoC)」と「引越しサ
     ービス」を収益性の高い事業に成長させます。

  • 02

    働き方改革・人事制度の確立 物流環境に適した人事制度を確立します。
    安全・安心と、働く喜びを感じる、職場環境を構築します。

  • 03

    ESGへの取り組み 安全で環境にやさしい企業として、高品質な物流サービスで地域社会に貢献します。
    エスラインで働く喜びを家族で感じられる企業として成長します。

詳しい中期計画はこちら(PDF)